スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アッシュウェイ通りの古書店

.26 2016 .+*ショートノベル*+. comment(0) trackback(0)
 その古書店は、生まれた時からあった。
 小さな黒い丸めがねをかけた、白髪のお爺さんが一人でやっているお店で、古書店だと言うのに、見たことも無い大陸が描かれた世界地図や、何十年置かれていたんだろう、と思うほどホコリの積もった地球儀、博物館に展示されていたのを見たことがある、中世の騎士とかが身に付けていた甲冑なんかが、古書よりも大きなスペースを占めていた。
 お爺さんはいつもロッキングチェアに座っていて、大きな声で呼ばないと、レジの所まで来てくれない。お釣りが出るとしても、請求しないとそのまま椅子の所まで帰ってしまいそうになるし、それを伝えるのも一苦労だから、馴染みの客は値段ぴったりで払うのが暗黙の了解みたいになっていた。
 つい先日ベストセラーになったようなハードカバーから、一体全体誰が売りに来たのか、何処かの宮廷に置いてあったかのような、絢爛豪華な装丁で、タイトルが古文で記された分厚い本まで、多岐にわたる古書があるけれど、同じ本は絶対に見つからないというのが、まことしやかに流されている噂で、それがこの古書店の謎であり、魅力の所以だった。
 試しに、一冊位置を覚えて店を出た後、半日経ってまた行ってみると、本当に見つからず、お爺さんにそのことを尋ねてみると、ついさっき来た客が買って行ったのだと教えられた。勿論、それを聞き出すのに散々苦労したことは、言うまでもない。
 そんな不思議な古書店が、店仕舞いをする日がやって来た。
 何でも、お爺さんには一人息子がいたものの、お店を継ぐ気は一切無いらしく、そもそもお爺さん自身はお店そのものに何の思い入れも無かったそうで、知人に経営を任された後、ずるずると続けていただけだったという。
 それでも、ここを馴染み深く感じる客は多くて、最後の日には、いつも以上に店内がごった返した。その日は、入り用があって行くのが閉店間際になってしまって、着いた頃にはほとんど本が残されていない状況だった。
 選ぶ余地も無いほど少ない中で、一番分厚い本を手に取って、値段ぴったりにお金を用意した後、お爺さんに声かけた。
 今までありがとうございましたと、礼を言ってみたものの、お爺さんは特に反応も無くて、それが何だか寂しくて、お店を出てから、今度はお店に向かって、もう一度お礼を言ってみた。お爺さん同様、反応は無かったけれど、すっきりはしたように思えた。
 それからすぐ、古書店は取り壊されて、後には花屋が出来た。そこで働く人たちは、みんな若い女の人で、花にはあまり興味が無かったから、ぱたりと足を運ばなくなった。アッシュウェイ通りには、古書店を目当てに行っていただけだから、通りそのものにも、段々足が遠ざかっていった。
 随分と間を開けてから、アッシュウェイ通りに赴く用事があって、久々にやって来ると、そこはもう、見知らぬ所に成り代わっていた。古書店だった所までの道のりは、頭では分かっていたはずなのに、驚くことに、後に出来た花屋を見つけることは出来ず、通りの端から端まで歩いても、ついぞ分からなかった。
 花屋は潰れてしまったんだろうかと勘繰っても、それを確かめる手段は無かった。それと同時に、あの古書店こそが、自分にとってここにいる意味で、それが無い今、ここは自分の来るべき所ではないんだと思った。
 時は流れ行く。
 あの古書店が、懐かしい。


久々に小説を書きました。

思い出の地、思い出の建物、あると思います。
俺はそれほど年を食っていませんが、それでも二、三年ほど経ってから以前足繁く行っていた所を訪れたりすると、あるはずのものが無かったりして、それだけで、もう足を踏み入れてはならないような気にさせられます。

させられます。

多分。

( ˙꒳​˙ )多分ね。

小説を書くのに頑張りを込めると、書いた後は脱け殻になります。

おやすみなさい。また明日。
スポンサーサイト

紙飛行機と明日

.16 2016 .+*ショートノベル*+. comment(0) trackback(0)
 それは唐突にやって来た。
 ベランダにパッと現れた紙飛行機。
 どこで。
 誰が。
 辺りを見渡しても、飛ばし主は見当たらなかった。
 何か目的でもあったんだろうか。
 私は紙飛行機をそっと広げてみた。

〝明日を、明日を諦めないで欲しい〟

 ただ、ただそれだけ。
 それだけに。
 私は涙を流していた。
 何故かは分からなかった。
 涙を流すなんて、ドラマや漫画の中だけだと思っていたのに。
 細い雫が、私の頬を伝っていた。
 懐かしくて、愛おしくて、酷く胸が痛んだ。
 私はこれを書いた人を知っている。
 誰か思い出せないのに、分からないのに、知っていると感じずにいられなかった。
 この紙飛行機は、確かに私に向けて飛ばされたものなんだと、私が私に告げている。
 けれど、これを飛ばした人に、私は二度と会えない。それも、ハッキリと分かっていた。
 前世で? 過去で?
 何処かで会ったはずの人。
 何処かで、未来を誓い合ったはずの人。
 その人は、今も、私の明日を思ってくれている。
 それが、懐かしくて、愛おしくて、酷く瞳を潤ませた。

〝諦めない、諦めないよ、明日を〟

 答えるように、すぐ下に書き記した。
 二つ並んだ文字は、どんな組み合わせより美しく見えた。
 届け。
 そう願って、空高く、紙飛行機を飛ばした。
 紙飛行機の宛先は、明日だ。


詩と小説の定義が分からないし、知る気も無い。

今日は上手く行かなかったな、って思うことが、誰しもあると思います。

俺は今日もダメでした。

でも、今日がダメでも、明日はダメじゃない日に出来るはず。

そう信じたら、いつか本当にそう出来ると思うんです。

紙飛行機だって、信じれば、いつか、遠く遠く、その人のもとに届くはず。

だから、明日も、頑張ろう。

乙女的ロシアンルーレット

.09 2016 .+*ショートノベル*+. comment(0) trackback(0)
「な、なあ!」
 引き金に指をかけた。

 三月の空。高校の卒業式を彩るのは、初めて見るくらいの快晴だった。
 卒業証書を入れた丸筒を手に、うちは今日も、今日もまた、隣を歩いていた。
「早いよなぁ……。俺、この前入学式やった気がするんやけど」
「そう? うち、結構長かったよーに思うけどなぁ」
 一日一日は短かったのに、積み重なった三年という月日は、うちにはとてつもなく長かったよーに思える。
「こんな感じやと、俺、気付いたらじいさんになってそうや」
「うわぁ、有り得るわぁ」
 一つ一つに一喜一憂して、ハラハラして、どぎまぎしてたから、そんな気がする。
 隣を歩くアホは前ばっか見てて、隣にいるうちのことなんて見てるのか見てないのか、よく分からんかった。いーや、多分、見てへんかったと思う。やから、三年間も、あっという間に過ぎた、って感じるんやろーね。
 そうやって、何度も諦めよーとしたのに。
「美沙はさ」
 そーやって、優しい声でうちの名前を呼ぶし。
「なに?」
 諦めが、つかんかった。
「名古屋の短大に行くんやんな」
「うん。半月後くらいには引っ越すよ」
 もう、何遍言うたか分からん。大阪と、名古屋と。簡単には会えへん距離になる、そんな事実を、繰り返し尋ねて。離れ離れになるってこと、何度も何度も確認させた。
 悪意なんて無い、って、分かるし。何遍も、歪な笑顔で答えるよーにして来た。
 今やって、そう努めた。
「遠いよなぁ、名古屋やろ?」
 やから、言わんといて、って。
「うん……。けど、意外と近いで」
 思ってんのに。立ち止まりそーになんのを必死にこらえて、明るく振る舞う。
「寂しい?」
 それでも、少しだけ、弱音が漏れた。
 軽やかで、楽しくて、明るい、そんな関係やったし、それより深いところに行くのが、怖かった。うちは友達で、友達でしかなくて、友達以外の何にもなれへん、って、いつからか、勝手に決めつけてた。それでも、諦めが悪いうちは、いつか向こうから好きになってくれるかも、なんて期待して、無為な時間を過ごして来た。
 初めて名古屋行きを伝えた時も、離れ離れになるって分かったら、心の内を明かしてくれるかもって思ってたのに、さっきみたいな感想が出たくらいやった。
 せやし、今日も、空回りの期待をして。
「まあ、そりゃな」
 期待は、外れた。
 返って来た言葉は、それだけで。
 うちの方を一度だって、向いてくれへんかった。
 少し先に、二人でよく行ったスタバが見えた。行ったらもう少しだけ一緒にいられるスタバ。逆に言うたら、行かへんかったら、それぞれの帰路に分かれる分岐点だった。
 お別れ。お別れ。
 疑似デートみたいに、休みの日に会ったりしたことなんて、ほとんど無い。一緒に帰れる時間だけが、うちに許された二人きりになれるチャンスで、一度も活かせへんかったうちは、本当にバカな奴やと思う。
 スタバはもうすぐそこまで迫っていた。
 まだ、伝えてへん。まだ、伝えられてへん。
 うちの気持ち。好きだっていう、たった二文字の言葉。
 けど、これだけ期待しても、どんだけ思わせぶりな態度を取っても、バカで無頓着やし、全然気付かんくて、下手し「あいつめっちゃ可愛いよな」とか、誰々がどうだ、なんて話を聞かされた。「あんなええ子があんたと釣り合うわけ無いやん」とか言うて、「あんたにはうちがいるやろ?」とか言おうとしたんやけど、結局、それは言えんくて、あかんかった。
 やから、今日も、あかんのやろなぁ……。
 これで、お終いなんやろなぁ……。
 そう思たら、泣きそーになって、耐えられんくて、うちはあんたと一緒にいたいんやって、なんで今まで言えへんかったんやろって、自分を責めたくなって、また泣きそーになって、それで、もう訳分からんくなって、でもやっぱり、言わな一生後悔する思て、気付いたら、うちはあんたのこと呼んでた。

「ん? どした?」
 なんで、なんであんたは、そんなに何も考えてへん顔が出来るん?
 なんで、なんでうちの気持ち、ほんのちょっとでも、気付いてくれんかったん?
 そしたら、こんな苦しい気持ち、ならんで済んだのに。
 自分のこめかみに拳銃を押し当てて、引き金を引く、そんな感覚。成功する、つまり、空なんは一通りだけで、失敗する、って弾丸が、無数に入ってる。一回切りの告白で、それが成功する確率なんて、どんだけ低いんやろう。
 けど、ここで「なんでもない、気にせんといて」なんて言うたら、こん時の自分を、永遠に責めたくなるやろから、ついに、うちは覚悟を決めた。
「う、うちな――」
 あかん、泣く。
 泣き顔なんて見せたこと無いから、「え、何、何なん、どした!?」とか、あんたがあわてふためいてんのが見えた。
 それが、逆にうちの心を落ち着けてくれた。
「あんたのことが、好きやってんで」
 あれ、なんで過去形にしてしもたんやろ、とか思った頃には、引き金は、引き終わってた。
「はっ!? へっ!? 何て!?」
 そんで、アホやなぁ、って思た。
 もっかい言わせるんかいな、って思いつつ、もうこの際や、思て、もっかい言ってやる。
「やからな、うちはあんたのことが好きやの!」
 もう後戻りは出来へんなぁ、って考えたら、やっぱり、辛かった。けど、答えを聞くまでは頑張ろーって、自分を奮い立たせた。
「それって、その、美沙が、俺を、ってことでええの?」
「あんたアホなん? この状況で言うてんねんで?」
「そ、そーやんな、やんな……。え、美沙、ほんま、ほんまに俺でええの? 間違ってへん?」
「ええからはよ返事してーな! うち今、めっちゃ恥ずかしいんやで! 付き合うてくれるんか、くれへんのか、はよ言うてや!」
 ほんっっっと、このアホはアホや。けど、こんなアホを好きなうちは、もっとアホなんやろーなぁ……。
 泣きそーになりながら、うちは答えを待った。
 照れくさい時にする、髪の毛くしゃってする仕草を何遍も繰り返してから、やっとうちの方を向いて、ゆっくり、口を開いた。
 どんな答えが返ってきても、最後は、ありがとうな、って言えるよーに、うちは、決心を固めた。
「いや、そりゃ……美沙がええんやったら、俺はほら、喜んで、な?」
 奇跡みたいやと思った。
 本音を言うたら、ごめんな、って言われるんやと思ってた。やから、なんか、嘘なんちゃうやろかって、信じられへんかった。
「ほんまに……?」
「ほんまやほんま。さすがに嘘とかつかへんて」
「ほ、ほんまやんな、あんた、うちの彼氏で、ええんやんな、な、な、な?」
「そう言うてるやろ?」
「嬉しい……嬉しいわ、ほんまに、ほんまに嬉しい……」
 結局、うちは泣かずにいられへんかったし、思わず抱きついて、何遍も胸をぽかぽか殴ったった。
「なんで今まで気付いてくれへんかったん。ほんま、もうちょいで諦めるとこやったんやで、アホ、アホ!」
「いや、ほら、さ、そうなんやろか、って思ったことはあったけどな、思い過ごしやったら恥ずかしいな思て、結局確かめられへんかってん……ほんま、ヘタレやわ」
「ほんまやで。うち、許さへんしな。この借りは、一生かけて返してもらうしな、覚悟しーや!」
「はは……望むところや」
 うち、きっと酷い顔してる。
 酷い、幸せそーな顔してる。
 ほんま、言うて良かった。
 言わんかったら、どうなってたんやろ。
 きっと、いつまでも後悔してたんやろな。
 ほんまに大変なんは、これからなんやろーけど。
 それでも、気持ち押し殺したまんまの自分より、絶対、良かったと思う。

「うちな、今、ほんまに幸せや」

 よう頑張ったな、自分。
 そう言うたげたら、これまでずっと悩んでた昔の自分が、やっと、笑顔になった、そんな気がした。


( ´゚ω゚)「コテコテやーーーん!!!」

はい、もうこれは酷いですね。下手に部隊を関西にしたら、こんなことになりました。
これでも京都住みなので、よりリアルに近いとは思いますが、思いますが!

( ´゚ω゚)「今時誰もこんなん言わへんよ!!!」

アクセントや、言葉の端々がそうなることはあっても、よっぽどきつい人やないと、ここまで言ったりはしません。ただ、アクセントなんですよねー、なんて文でどうしようもないので、ある程度きつめにしました。

後、俺はあくまでも神奈川生まれなので、真正の関西弁(その地域ごとに根ざした方言)は分かりませんし、各地のそれが混ざっていると思います。
少なくとも、今回は京都弁ではないですし、大阪弁に近いんじゃないかな、とは思います。

っていう余談はさておきですね、今回の目的は、お別れのシーズン、胸に秘めたままの気持ち、伝えないままでお別れするの?っていうことを言いたかったわけです。

まあ、色々ありますからね、何でも言うのが良いって訳じゃないですけど、恋心は、自分あってのものですから、自分を大切にしましょう。自分が悔いない、そんな選択をして欲しいです。

伝えないまま、ずっと想うのも美徳かもしれませんが、伝えたら、変わるかもしれませんよ。
あなたにまだチャンスがあるのなら、ぜひ、それを最大限、有効に活用してください。

応援しています!((´▽`*))

ある呪われた者の夢

.09 2016 .+*ショートノベル*+. comment(0) trackback(0)
「なあ、一つ聞いても良いか」
 妙に落ち着いていた。
 これから殺されるって言うのに、俺は凶器を構えたそいつに尋ねていた。
「これから死にに行く野郎が、俺に何を聞きたいってんだ?」
「死にに行くからこそ、俺は俺が死ぬ理由を尋ねたい」
「なるほどな。そいつぁ簡単だ。お前は俺が泥棒を働いてる現場を見た。だから俺はお前を殺さねえとお縄にかかっちまう」
「何も殺すことはないだろう? 俺が喋れないようにすれば良いだけの話だ。万が一この後の人生であんたが捕まることがあっても、刑は軽く済む」
「命乞いにしちゃあ落ち着いて話す野郎だ。だがな、世の中にゃあどれほど周到に用意しようが敵わねえもんってのがある。この世のお偉方ってのは人殺しと同じほど残酷な野郎だ。お前の口なんぞすぐに割らせちまうだろうよ」
「そうか。それで、物言わぬ屍にしよう、って魂胆か」
 自分でも、この落ち着きぶりは気持ち悪く感じられた。
 しかし、逆に何か、未来への希望さえ感じる気がした。
「だが、一つ気になるんだが、お前は俺を殺せるのか? 殺しに慣れてたりするのか?」
「初めてだな。人を殺すのは。だが俺もお前と同じだ。恐ろしいほどに落ち着いてやがる。お前を殺すのに一欠片の躊躇だって見せはしねえだろうよ」
「随分と自信があるんだな。なら最後にもう一つだけ尋ねたい。俺をどうやって殺そうと思っているのか、丁寧に教えてくれないか。地獄で知り合いに会った時の話のタネにしたいからな」
「どう、ってお前、見て分かるだろうが。この右手に持ってるナイフをお前の心臓に一刺しだ。それでお前はこと切れる」
「つまらないやり方だな。まあ、初めてだって言うなら、そんなものなのかね、普通は」
「そろそろ殺っちまって良いか? よもや時間稼ぎだったりしちゃあ困るからな」
「安心しろ、そんなつもりは毛頭な――」
 そうして、男の腕が伸び、俺の心臓にはナイフが突き刺さる。
 男はきっと、初めての感覚、つまり違和感や恐怖心に襲われ、そして、〝何だ、こんなものだったのか〟と思い始めていることだろう。
「いから。だって俺は、お前に殺されたりしない。お前なんかに殺されるほど、楽に死なせてはもらえないんだ。死なない、ってことは、一種生きるものにとっての罰らしいな。俺に呪いをかけた天使は、そう言っていたよ」
「な、なんで死なねえんだ、お前……」
 突き刺さったナイフは下に落ち、男の顔には悲壮な色が浮かぶ。
「俺は時を止められてしまった。俺にナイフを突き立てたって、肉は切れても、血は出ない。心臓を突き刺したって、もとより動いてないんだ。じゃあどうして生きてるか、って? さあ。少なくとも、生きてはいないんだろうな。多分、生きても死んでもいない。ただ、存在するだけ。無意味に時の流れの中に置き去りにされただけ。精々、そんなところだろう」
 だから、永劫の時の中で、俺はあるものを探そうと思った。
 この呪いは、確かに恐ろしい。だが、この世界に存在することを許され、しかもそれがこれからも永久に続いて行くと言うのだから、子供の頃からの夢を、叶えようと考えた。
 そのために、ありとあらゆる人間の前で尋ねることにした。
〝どうしても俺を殺せない〟
 そんな想いを抱く人間を。
 理由はどうだって良い。
 ただ、人にそこまでの想いを抱ける者がいるのか、俺はとてつもなく気になった。
 何故なら俺は、簡単に人を殺してしまえるから。
 だから、どうしても人を殺せない。そんな人間に、会ってみたいと思った。
「ただ、それはお前では、ないようだね」
 そう。こうやって。
 悪意を持って触れると、次の瞬間には、灰になってるんだ。
「存在し続ければ、いつか会えるのかな」
 俺にとっての、この世界にいる意味。
「俺を殺せない。そんな人間に」


過去に書いた作品を漁ってたら出てきた。
最初の方は「うわぁ何コレ」って思ってたけど、後半を読むと、公開する気になったっちゃなったので置いておく。
これを書いたのは二年前の八月二十九日らしい。
何をしてたかな。思い出せない。
ともかく、何かファンタジーでも書きたかった?のかもしれないし、何か心を病んでたのかもしれない。いずれにせよ、愛されたいという思いを全面に押し出している作品だったから、こうして公開することに決めた。
でも、当時の俺は書き上げておきながら、どうして公開しなかったんだろう?
それは気になる。

人の生き死にに関わる話は、今はもう、あまり書きたくない。
でも、それはただの逃げなのかもしれない。
難しい。

パンダライフ

.06 2016 .+*ショートノベル*+. comment(0) trackback(0)
 パンダになりたかった。
 動物園で、俺はぼーっとパンダを見つめていた。
 いや、野生のパンダがどうかは知らない。笹を巡って絶え間ない抗争が繰り広げられてるのかもしれないし、パンダ界にも上下関係があって厳しい格差社会が構築されてるかもしれない。とは言え、普通の人が想像するパンダを、俺はパンダと呼ぶ。
 つまり、ゴロゴロしていたい。存在するだけで良い、ああいう感じも良い。笹食って、気が向いたら吊られたタイヤにもたれかかってれば仕事した感じが出せるし、滑り台でも滑ろうものなら、拍手大喝采だ。どこの世界のアイドルより自由で、縛りがなくて、バカにもされない。生きてたら認められて、ファンがつく。何だパンダは。前世でどんな善行を積めばなれるんだ。教えて欲しい。
 動物園にいる以上、自由とは無縁な生活を送っているが、それでも構わないのか、と聞かれそうだ。別段問題は無いだろう。外の世界が恋しくてたまらないなら、動物園の動物はもうちょっと決起して暴動起こしてそうなもんだし、人間様の社会が自由で楽しい理想郷だって言うなら、その辺でも歩いて数枚写真を撮ってみれば、それが嘘だってすぐ分かる。自由を前提に、有り余る責任と面倒を重りとして付けられる人間社会は、それほど自由には見えない。結局、差し引いて考えてみれば、人類の何割かは、パンダより不自由だ。
 まぁパンダの見た目になりたいか、って言うと、どうだろうな、微妙かもしれない。けど、慣れれば意外と苦じゃないかもしれないな。
 ただ唯一気がかりなことがあるとしたら、もうちょっと色々食いたいとは思うな。笹とかフルーツだけじゃ物足りない。
 と言っても、どう足搔いても俺はパンダにはなれない。ある日発狂したとしてもなれるのは虎。西洋人の血が入ってたとしたら巨大な虫か。パンダにはなれなそうだな。
 パンダになりたい、ってのは、幼い頃の夢、そんなもんだ。憧れるだけの、遠い夢。
 そう思って、俺はパンダの展示スペースの前を離れた。


何コレ?

気付いたら出来てたけど、うん、何コレ?

俺、パンダに憧れてんの?

疲れてる。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。