スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピエロ

.15 2016 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 ねえ、上手く出来たかな。
 喜んでくれたかな。
 好きだったよ。ずっと。ずっと好きだった。
 誰も傷付けたくなくて、みんな幸せが良くて、ほんの少し私が我慢したら、それが叶うんだって、信じてた。
 なんで、こうなっちゃったのかな。
 わがままはダメだって育てられて来たから、自分は二の次に、って、ちゃんと続けて来た。
 私、良い子だよ。真面目にやって来たよ。人に優しく、自分に厳しく、ずっと守って来たよ。
 わがままなんて、言わなかったよ。言わなかったよ。
 だから、ほめてよ。よく頑張ったねって、言ってよ。
 ありがとうって、もう私の役目は終わったんだよって、言われたみたい。

「上手く行ったよ」
 笑顔で教えてくれた。
 照れくさそうに笑う姿が、羨ましかった。
 そうなるように、そうなるように、って、頑張って来たのは私も同じで、あの子の願いは、私の願いと同じだって、信じてたのに。
 ずっと覆い隠して来た想いが、最後の最後で大きく膨らんで、どうしようもなくなった。
 私の方が彼に近くて、私の方がずっと先に好きだった。
 そのせいで、そのせいで。
 あの子が近付こうと努力をする間に、私は言い訳を探し続けた。
「協力、してくれないかな?」
 その言葉を、私は誰に言えば良かったの。
 厚かましい。そんな気持ちが、あの子に向ける笑顔の中に現れ始めた。
 彼の隣は、私だけがいたのに。そこにずけずけと入り込んで来ようとする姿勢に、疑問と怒りを感じた。
 でも、私は彼の特別じゃなかった。ただの、他の誰かより仲の良い女友達。それだけだった。
 肩書きが無きゃ、認めてもらえないんだよ。
 あなたに一番近かった私が、あの子を一番近付けるために尽力する。
 私だけが知っていたはずの彼の秘密を、二人だけの秘密にした。
 あの子の魅力と私の魅力は、反比例。
 もう、私は、ただの女子Yだね。
 卒業して何年か経ったら、忘れちゃうくらいの、存在。
 きっと顔も、思い出せなくなる。
 でも、言えなかった。
 私が彼を、あの子より好きだったこと。
 あんなバカの、どこが好きなんだろうって。まるで、自分のものみたいに見てた私は、特別になれるきっかけを、掴めなかった。
 すぐそこにあったのに。すぐそこに。
 でも、もう、あの子のもの。

 あーあ、明日から、目も合わせたくないな。
 でも、きっと、彼は話しかけてくる。あの子は惚気話をして来る。
 私は、最高のピエロだ。


お久しぶりです。
藤夜アキです。
毎日続けること、をもう一度意識出来たらな、って。
頑張ります。
スポンサーサイト

シトラスの風

.01 2016 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 吹き抜けた。
 風には、面影があった。
 新しい場所。新しい人。新しい時。
 そこに吹く風だけが、懐かしい匂いを帯びていた。
 忘れないように。
 でも、囚われないように。
 吹き抜けたんだと思った。
 頑張れ、って背中を押してくれたのかもしれないし。
 忘れないで、って袖を掴んだのかもしれない。
 きっと、両方だと思った。
 想いを、抱きしめて、引き寄せて。
 前を、向いた。
 吹き抜けた方を、見つめた。
 私の進むべき道。
 歩き出した。
 私には、笑顔があった。
 新しい場所。新しい人。新しい時。
 険しい道かもしれないけれど。
 苦しいこともあるかもしれないけれど。
 私には、笑顔があった。
 その香りが、私を励ましてくれたから。そっと、頬を撫でてくれたから。
 私は、貴方を忘れないし。
 私は、貴方のためにも、前に進みたい。
 幸せに向かって、歩いて行く。


シトラスの香りって意識して嗅いだこと無い気がする。



ほら、ブラッドオランジーナ飲んだからさ。

半分ほんとで、半分ほんとじゃないです。

4月になりましたね。新年度です。新しい一歩を、誰もが踏み出しますね。新しい日々の始まり。けれど、何もかもが新しい気がする中に、きっと懐かしい匂いもあると思うんです。それらを全部忘れるよりも、連れて行ってあげる、くらいの気持ちでいるのが、ちょうど良いんじゃないかな、って。

大学の四回生になります。進路のお話は、確定してから、ということで。

2月11日

.25 2016 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 忘れたくない日ほど忘れて、忘れてしまいたい日ほど忘れてしまう。
 2月11日だけ、私は覚えていた。
 私を形作った人が。
 私を捨て去った日。
 振り向けた分だけの好きが、そのまま嫌いに転じる。
 憎んで、憎んで、憎んだ。
 どうにもならなかった。
 私が望んで選んだ道。
 私が進んで歩んだ道。
 誰も救ってはくれない。
 誰も救ってはくれない。
 高校の時分憧れた先輩が、ある日を境に陰った笑顔しか浮かべなくなった理由が、今になって分かるような気がした。
 もう、心から笑うことは出来なくなるんだ。
 私の知る私は死んで、私の知らない私が私。
 無頓着に造られた砂の城は、いつ波に飲まれるのかと恐れる。
 私の所には、もう来たよ。
 完全に壊れることも出来ず、元の砂浜に戻れない。
 洗い流すことは出来ない。
 洗い流すことは出来ない。
 記憶を失ってさえ、きっともう、人を、心から好きにはなれない。
 2月11日には、意味も分からず泣くだろう。
 私の知らない私なのに、涙を流すのは私で、死までの不確実な日数を、苦しみ悶え続けながら生きるのは私。
 仮に復讐したって、私は生まれ変われないし、生まれ変わった私は、私じゃない。
 難しいことは、何一つ無い。
 私は、もう幸せにはなれないんだよ。
 口にしないだけで。
 私はそれを、一生背負う。
 朝が来ても。
 私の夜は明けない。


失敗は成功の元。
けれど、失敗の履歴は消えない。

背負って生きることが、人の業。

とは言え、不幸せから幸せに辿り着けるかは、課題であって、不可能なことでもないし、これはあくまで、一つの解答。

7月6日

.19 2016 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 何でもない日だった
 7月の6日目
 カレンダーはいつも
 真っ白だったのに

 二十回目のその日
 突然変わったんだ
 とても大切な日
 君との始まりに


 口元をゆるめて
 そっと微笑みながら
 赤いペンで書いた
 始まりを示す日

「ずっとそのまま」だって
 油断してたんだ

 7月6日は星が降る
 幸せ色した夏の星

 これからもきっと
 星は降る
 この気持ちとは
 無関係に


7月6日は思い出深い日。
に、なるはずだった日。

すっかり忘れていたんですが、記録というのは恐ろしいもので、過去の作品を漁っていたら(理由は聞いちゃいけない)、偶然出て来て、ああ、なるほどな、っていう。

極力当時のフレーズをそのままにしているため、実のところはあんまり書きたくないものもあったんですが、残してあります。

最後の部分だけ、付け足した形になります。元々は、痛いポエム(というか歌詞)だったもので、それが、完成を目前にして破棄され、そしてまたテーマとなった日が、意味を持たない日になったことで、全く別の終わり方をするようになった、という面白い例ですね。

今の俺にとって、思い出深い日は、もちろん別になります。
いつか、というのは、今年またやって来たら、きっと記事を書くので、その日に。

紅葉の人

.17 2016 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 桜が舞う頃に、ふっと思い出した。
 紅葉が舞う中に、何処かを見つめていたあなた。
 あなたの目に何が映っていたのか、ついぞ分からなかったけれど、あれから少し経った今、あの頃よりは、あなたがそうした理由に、思いを馳せることが出来るようになった。
 呼びかけることを躊躇うほど、あなたは色に混じっていて、もし、紅葉の一枚でも、自分の目を覆ってしまっていたら、次の瞬間には、あなたがいなくなっている、そんな気がした。
 あなただって、さすがに普通の人間だったから、いなくなる時は、他の人と同じようであったけれど、もしかしたら、魂みたいなものは、三度目の紅葉を見に行ったあの日に、あなたが見つめていた方へと、行ってしまっていたのかもしれない。
 あなたと逢うことがなくなってから少しして、家を替えることになって、紅葉の美しい所からは、随分離れてしまった。あなたが好んで食べた杏蜜も、最近は目にもしていない。距離的な問題だけだろうかと、近頃は考える。もし、あのまま同じ所に留まっていたとして、きっと、今と同じく、それらには触れなくなっているんじゃないかと、寂しく思った。
 あなたと違って、私は、虚しいばかりの、寂しい人だから。あなたと離れて、世界は彩りを失ってしまったなんて、冗談にしかならないことを、真剣に考えてしまう。
 未練がましく、ただただあさましいと思いながらも、秋の訪れは寂しさばかり募らせるから、いつしか春が好きになって、鮮やかな紅や橙を見るよりも、頬のように薄く染まった白を見る方が、好きになってしまった。
 それでも。
 桜が舞う頃には、ふっと、あなたを思い出す。
 命が舞う度に、思い出す。
 あなたのもとに参りたいけれど、きっと、あなたの気持ちが心の底から分かるようになるまでは、それも許されないだろうと、感じているから。
 後幾度かは、あなたを偲びながら、こうして、私は微笑むのだろう。


今日はいつもと少し書き味を変えてみました。

どうしてこの時期に紅葉の話を書いたのか。全く分かりません。今回は完全に謎です。謎ですが、らしさは出ていると思うので、まあ良いとしましょう。地味に、仕上がりを気に入っていますし。

最近は本当に多くの方に見ていただいているようで、自分としても嬉しい限りです。もう少し更新の時間を一定にすれば良いのかもしれませんが、特別な事情の無い限りは、毎日更新するように心がけて参りますので、どうぞお手すきの頃合に、ふらりと立ち寄っていただければと思います。


ここからは日記ですが、京都美術館で開かれている、モネ展を見て来ました。



光の画家と呼ばれている(そうだと見てから知りました)、印象派の画家ですね。母がかねてから見たいと言っていて、京都の地理には自分の方が詳しいので、共に足を運びました。

油絵が中心で、また風景画が主な対象の画家(大変有名な『印象 日の出』の京都での展示は21日までだそうです)なので、審美眼が肥えていない俺には中々難しい感じでしたが、目、が捉える世界については、非常に参考になったように思います。

芸術が世界を切り取る時、どんな風にするのが、より何かを伝えられるものたらしめるのか、といった感じにですね。

ルノワール展も同じ場所で3/19から開催だそうですよ。


最後に、最近描いた絵の中で一枚、気に入ったものがあるので載せておこうと思いますが、ちょっと内容に過激(やや暴力的です)な部分があるので、【閲覧注意】と付しておきます。
それでも見て下さる、という方だけ、追記の方からご覧下さい。スマホからだと追記がなく、そのまま表示される場合があるので、くれぐれもご注意下さい。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。