スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月を見させて

.15 2015 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 ねえ、月が見たいの。
 良いでしょう?
 さみしくなりたいの。
 楽にさせて欲しいの。
 あの月光を浴びたいの。
 そうしたら、私、笑顔になるから。
 だから、ねえ、月が見たいの。
 カーテンを開けて。
 夜空を見上げさせて。
 お願い、お願い。
 私のこと、「好き」って言ったじゃない。
 今はもう、「嫌い」って言ってしまうの?
 カーテンを開けてはくれないの?
 月を見たら、私が泣いてしまうから。
 私のことなんか、構わなくて良いように。
 厄介者扱いして、見捨ててしまうの?
 だったら、私も嘘を吐くから。
「泣いたりなんてしないわよ」
 笑顔の作り方、教えてもらったのに。
 笑顔の作り方、忘れちゃったみたい。
 憂いが先に立ってしまうの。
 じわり、湧いた涙が、視界を覆う。
 でも、笑うから。
 ねえ、月が見たいの。
 良いでしょう?
 さみしくなりたいの。
 さみしくなりたいのよ。
 その美しさを教えてくれた人を、失くしたから。
 だから、カーテンを開けて。
 月を見させて。


悲しみに暮れた瞳には、月はたった一つには見えないけれど。



※追記にちょっとした日記を載せます。作品の余韻を壊さないために追記にします。
東京行って来ます!



明日の夏コミ、「東S-35a」にお越し下さい!

この後も、東京旅行の過程を少しずつ載せるので、見てやって下さい~。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/1029-facc059b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。