スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

How far our just distance?

.28 2015 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 近過ぎたり。
 遠過ぎたり。
 上手く行かないキョリ。
 試行錯誤、暗中模索。
 高校でやった中和の実験。
 ほんの一滴多いだけで酸性になって、ほんの一滴少ないだけで塩基性になって。
 中性になるベストな量にするには、奇跡みたいなさじ加減が必要だった。
 それと似てる。
 一歩の大きさ。
 一歩分で良い?
 一歩半が良い?
 それとも半歩?
 行き過ぎて。
 行かなさ過ぎて。
 求め過ぎたら鬱陶しくて。
 求めなさ過ぎたらそっけなくて。
 どこまで、近付いて良いかな。
 どこまで、離れてたら良いかな。
 入っても良いゾーン、目に見えてたら良いのに。
 分からないね。
 多分、それは君も。
 どこまで俺に求めたら良いのか。近付いたら良いのか。
 分からなくて困ってるに違いない。
 口で言えないそのキョリ。
 知ることが出来る方法は、たった一つだけ。
 二人、一緒の時間の中で、それとなく知ろうとして行くこと。それとなく分かって行くこと。
 難しそうで、きっと、難しいことじゃない。
 だから、身構えることなく、向き合ったら良い。
 二人がお互いを想い合っていたら。
 きっと、ちょうど良いキョリは、見つかる。




それは誰も教えてくれないし。

知ってて欲しくないこと。

俺だけが――君だけが――知ってたら良い。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/1046-e9217c33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。