スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海で、空を

.23 2015 .+*ショートノベル*+. comment(0) trackback(0)
 夜の海沿いは一人で歩くには危なくて、一人になるには絶好の場所だった。
 磯風が吹き抜けていく度、過去になった〝今〟をよみがえらせて行く気がした。
 歩くことは、どうしてこうも、明るい気持ちを抱かせてくれるんだろう。どうして、と考えながらも、答えは要らなかった。それは疑問のままで良い。そう思った。
 答えが必要な問いと、答えが必要でない問い。俺がこうして歩いて、たどり着こうとする問いは、前者だけど。
 昔から、恋多き人だった。その多くは、誰かが憧れる〝片想い〟で、誰かが憧れる〝両想い〟ではなかったけど。それでも、誰かのために心を砕くというのは、俺にとって、ありふれた、それでいて何より大切なことだった。
 きっと、そんな人はたくさんいる。そうでない人ももちろんたくさんいるから、この気持ちを分かってもらえるかは分からないけど。
 それに、幸せに恋が出来た人、出来ている人には、使い方を誤っているのに文句を言ってくるクレーマーの言葉に聞こえるだろう。
 それぐらい勝手な言い分かもしれない。
 でも、この感情はありふれている。だって、彼女も泣いていたから。同じように。今度は彼女が加害者になったようなもので、それも、彼女が被害者になってしまったからなんだと、俺は思う。
 ふと、立ち止まって遠くの空を見る。
 黒に近い、黒。空の色は、彼女の目にはどう映っていただろう。そう考える俺の心には、間違いようのない愛がある。そう思えた。
 過去はしがらみのようにして、その人の人生に影響を及ぼして行く。
 好ましい記憶は、もう一度それを繰り返させて。疎ましい記憶は、もう二度それを繰り返させまいとさせる。
 積み重ねた分だけの経験と思い出が、その人の行動を、性格を、規定し続ける。
 でも、過去も、記憶も、経験も、思い出も、読み取り方次第なんだ。受け止め方次第なんだ。
 それは俺が、穢れない男だからそう言えるんだろうか。
 彼女の目に浮かんだ涙を思い出す度、立ち止まってしまう。
 いいや、それでも。過去を断ち切ることは出来ない。不動の彫刻なんだ。過ちは消せない。だから、誤りを直すことで、これから先の未来を美しくするしか無い。
 そしてそれは、前を向いた人だけが、未来へ踏み出した人だけが手に入れられる。
 俺はまた歩み始めた。夜風が冷たい。
 過去は変えられない。人生はやり直せない。
 変えられないから、白紙に戻せないから、人は、強くなれるはずなんだ。
 優しく出来なかったこと。思いやれなかったこと。冷たくしてしまったこと。利己的に振る舞ってしまったこと。
 どれだけ悔いても、過去を変えることは出来ない。
 傷つけられたこと。自分を捨てて相手の欲求に応えようとしたこと。相手の言いなりになってしまったこと。妥協して、歪な笑顔を作ったこと。
 どれだけ悔やんでも、過去を変えることは出来ない。
 それは全て暗い過去。それは確かに当時の自分を押しつぶして、苦しめている。
 でも、未来永劫に渡って、それが自分を苦しめるんだろうか? 本当にこれから先の全てを、暗く塗りつぶすことがあるんだろうか?
 真実の愛はこれまでも、これからも、この自分という人間にだけ、与えられないんだろうか?
 それは違う。そう思う。そう思いたい。そう思って、良いと思う。
 優しく出来なかった。だったら、優しく出来るようになれば良い。傷つけられた。だったら、傷付けないような人を見極めれば良い。
 口で言うのは容易い。でも、出来なければ、今のままなんだ。出来ないと嘆くままなら、出逢うのは、これからも優しく出来ない相手で、傷つけられてしまうような相手なんだ。
 確かに今は、悲しく、寂しい。暗い過去が影を落としているから。
 ここまででどこかしら共感を覚えるような人なら、そんな過去を、今思い返しているだろう。
 そしてこう思う。
「それでも、あの記憶は拭えない」
 拭い去るには、あまりにきつく染みついているから。
「それに、好ましく受け止めることなんて出来ない」
 そう簡単に見方を変えられるなら、その時にそうして、こんな未来にはしなかったはずだから。
 そうだね。
 変えられない過去なのに、みんな、変えたくないと思うんだ。思い出す度苦しくなるのに、それでも色褪せずにあり続けて欲しくて、思い出して、感傷に浸りたくなる。
 それは紛れもなく、愛した人への愛が、本物だから。
 愛した人との間に出来た傷。だから、思い出したくなる。嫌いな人との間の記憶は、こんな文脈で思い出したりはしない。
 愛している。今も。どれだけ憎くて、どれだけ嫌いになっていて、どれだけ残酷なやり取りがあったのだとしても。
 愛していたから、あの時間を設けたんだろう?
 ああ、涙が溢れる。夜風がそれをさらう。
 考えることは、それ自体がもう既に、自分を傷つける。
 幸せな人は、きっとこんな時間を過ごさないんだろうね。
 でも、この涙を知っている俺たちは、それだけで、一つ、この涙を知らない幸せ者より、優っている。
 これから出逢う大切な人。その人の笑顔が本物か偽物か、分かるんだから。それが偽物なら、その理由を、尋ねることが出来るんだから。
 愛した時点で、その愛のための努力は、自分の力になっている。
 目的と対象がなくなってしまったから、それも全て無意味で無価値だと、思ってしまうけど。
 思い出してみて。
 愛した人のために、自分がしてあげたこと。しようと思ったこと。出来たこと。出来るようになったこと。出来るようになろうとしたこと。
 それは、止まらない心の時計に従って、今も心の内に残っている。
 本当は、愛したその人のためだけに、使おうとしたものだけど。
 その人は、惜しくも、〝運命の人〟にはなれなかったから。
 本当の〝運命の人〟のために、使えるんだ。
 もしかしたら、その〝運命の人〟になれなかった人も、今と少しだけ違う世界では、〝運命の人〟だったかもしれなくて、だとしたら余計、かつての自分の努力を、嫌ってはいけないと思う。
 生きている。生きているから。
 こうして苦しんで、悩んでいるけど。
 生きている。生きているから。
 残ってしまった、残すことが出来た力を、使って良いと思う。
 幸せになりたくて、幸せになるために、苦しむ道を選んだんだから。
 波の音が響く。残響がまた過去を引っ張り出す。
 今はまだ、それを全て笑顔で見ることが出来ないけど。
 いつか、出来るようになれば良い。
「好きだったんだ」
 それさえも、多分、嘘で。
「好きなんだ……今も」
 それが、本当の気持ちだから。
 歩みを止めないまま空を見る。
 輝く星空。見上げたかった。一緒に。
 大好きだった人。今でも大好きな人。あなたを好きだったこと、嘘にしたくないから。無駄にしたくないから。
 あなたといるために費やした全てを、幸せになるために、使わせて欲しい。
 一筋の流星。
 願いは今も、変わらない。変えない。
 幸せになりたい。
 誰もが求める、何よりのもの。




生きることは、幸せに向かって歩むこと。そう思う。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/1073-9ae7a2d5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。