スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瞳の中の螺旋

.14 2016 未分類 comment(0) trackback(0)
 心の中に還って行く、還って行く。記憶が渦巻きながら。
 壊した壊した、此処は何処?
 横殴りに叩き割る。あの日を映したガラスは粉々に砕けた。
 煌めく星々のように降り注いだ粒子が過去を彩る。

 美しく化けた時間。嘘だ。そんなものは無かった。

 瞳の奥、吸い込まれるようにして見つめると、あの日に還って行く。
 あの日だ。あの日だ。
 人殺しの姿が映る。
 生きていたって、死んでいないとは限らない。

 美しい花。美しいままに愛でるために、人はそれを生きたままに殺す。

 もう取り戻せない。
 螺旋の先には戻れない。戻れない。
 螺旋の向きは一定だから。
 堕ちるか、遡るか。

 美しい吐息。哀しみを知る頃には、人を殺める効能を帯びている。

 美しい螺旋。永遠に続くかと思われるその先には、貴方の屍がある。


髭切が出ないのでやる気が出ません。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/1088-ea3898c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。