スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛の継承

.22 2016 .+*Fragile Minds*+. comment(0) trackback(0)
 永遠の愛を、貴方に誓った。
 二人の幸せは、長く、永く、続くものだと信じていた。
 悲劇のヒロインになんて、私はならないと思っていたし、悪運の強い貴方に、吃驚するようなことなんて、起きるはずもないと決めつけていた。
 いつも以上に力を込めて、想いを込めて、精一杯の笑顔で送り出したその日、貴方は唐突にこの世を去った。
 原形を留めないほど可哀想になった貴方に、私は近寄ることさえ出来ず、手を握ろうにも、貴方の手は、握ることの出来ない姿に変わり果てていた。
 幸せな日々の、何十日目。
 不幸せな日々の、一日目。
 突発的に始まった、貴方のいない毎日。
 一人分の食事なんて作れなくて、食べてくれる貴方がいなくても、私は二人分の食事を用意した。
 貴方の服にアイロンをかけ、畳み、しまった。目につく一番上の服から着る癖があるから、洗濯したのは下の方に入れる。そんな気遣いを、もうしても無駄だと思うだけで、震えずにいられなかった。
 貴方がいない世界は、脆く、生きる意味さえ、見出せなかった。
 私は、貴方と共に歩まなければ、前に進むことの出来ない人間になっていた。
 いつか来る別れ。それは、ずっとずっと先のことだと思っていたのに。何の覚悟も出来ず、何の準備も出来ていなかった。
 私だけが取り残された世界で、私はどう生きて行けば良いか分からなかった。
 虚ろな日々が続いた。
 世界がどれほど移ろいを見せても、私の時間は、止まっていた。

 貴方が恋しくて、恋しくて、耐えかねたある日。
 思い出にすがるように、貴方の似顔絵を描いた。
 一枚、出来上がった瞬間に、私には、貴方がそこにいるように思えた。
 倒錯なんだろう。狂疾なんだろう。幻想なんだろう。
 けれど、何でも良かった。
 貴方を見たかった。貴方を愛したかった。
 貴方に会いたい。会い続けたい。
 様々な貴方を、必死に、必死に追い続けた。出来上がる似顔絵が、私には、貴方そのものに思えた。
 不幸せな私。けれど、私は不幸せだと、感じなくなって行った。
 愛は今も、私の心に、強く、強く輝いている。その愛は貴方が生きていた頃と、何ら変わらない。
 今日も私は筆を執る。
 貴方を想い、貴方を描く。

 私は貴方を、愛している。


小さなアトリエに、まだ若い女性が、ひっそりと佇んでいる、そんな情景です。

先日、本屋で、子どもを出産した後、百日と十数日で亡くなった妻の話を書いたある夫の本を見かけました。タイトルは忘れてしまったんですが、機会があれば読んでみようかと思った次第です。

まあ、そこにほんの少しだけ着想を得たような得ていないような、今日のお話です。最近暗めな作品が続いていますが、多分、色々と悩んでいるから、影が作品に落ちているんじゃないかな、って思います。早く悩みを解決したいです。そんな大したことじゃないですけど。


最近、色々絵の練習をしてます。
が、表だって上げるのは恥ずかしいので、追記にこっそり載せておきます。








こっちも暗いですね。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/1137-8196646b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。