スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月11日

.25 2016 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 忘れたくない日ほど忘れて、忘れてしまいたい日ほど忘れてしまう。
 2月11日だけ、私は覚えていた。
 私を形作った人が。
 私を捨て去った日。
 振り向けた分だけの好きが、そのまま嫌いに転じる。
 憎んで、憎んで、憎んだ。
 どうにもならなかった。
 私が望んで選んだ道。
 私が進んで歩んだ道。
 誰も救ってはくれない。
 誰も救ってはくれない。
 高校の時分憧れた先輩が、ある日を境に陰った笑顔しか浮かべなくなった理由が、今になって分かるような気がした。
 もう、心から笑うことは出来なくなるんだ。
 私の知る私は死んで、私の知らない私が私。
 無頓着に造られた砂の城は、いつ波に飲まれるのかと恐れる。
 私の所には、もう来たよ。
 完全に壊れることも出来ず、元の砂浜に戻れない。
 洗い流すことは出来ない。
 洗い流すことは出来ない。
 記憶を失ってさえ、きっともう、人を、心から好きにはなれない。
 2月11日には、意味も分からず泣くだろう。
 私の知らない私なのに、涙を流すのは私で、死までの不確実な日数を、苦しみ悶え続けながら生きるのは私。
 仮に復讐したって、私は生まれ変われないし、生まれ変わった私は、私じゃない。
 難しいことは、何一つ無い。
 私は、もう幸せにはなれないんだよ。
 口にしないだけで。
 私はそれを、一生背負う。
 朝が来ても。
 私の夜は明けない。


失敗は成功の元。
けれど、失敗の履歴は消えない。

背負って生きることが、人の業。

とは言え、不幸せから幸せに辿り着けるかは、課題であって、不可能なことでもないし、これはあくまで、一つの解答。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/1140-ede629da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。