スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シトラスの風

.01 2016 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 吹き抜けた。
 風には、面影があった。
 新しい場所。新しい人。新しい時。
 そこに吹く風だけが、懐かしい匂いを帯びていた。
 忘れないように。
 でも、囚われないように。
 吹き抜けたんだと思った。
 頑張れ、って背中を押してくれたのかもしれないし。
 忘れないで、って袖を掴んだのかもしれない。
 きっと、両方だと思った。
 想いを、抱きしめて、引き寄せて。
 前を、向いた。
 吹き抜けた方を、見つめた。
 私の進むべき道。
 歩き出した。
 私には、笑顔があった。
 新しい場所。新しい人。新しい時。
 険しい道かもしれないけれど。
 苦しいこともあるかもしれないけれど。
 私には、笑顔があった。
 その香りが、私を励ましてくれたから。そっと、頬を撫でてくれたから。
 私は、貴方を忘れないし。
 私は、貴方のためにも、前に進みたい。
 幸せに向かって、歩いて行く。


シトラスの香りって意識して嗅いだこと無い気がする。



ほら、ブラッドオランジーナ飲んだからさ。

半分ほんとで、半分ほんとじゃないです。

4月になりましたね。新年度です。新しい一歩を、誰もが踏み出しますね。新しい日々の始まり。けれど、何もかもが新しい気がする中に、きっと懐かしい匂いもあると思うんです。それらを全部忘れるよりも、連れて行ってあげる、くらいの気持ちでいるのが、ちょうど良いんじゃないかな、って。

大学の四回生になります。進路のお話は、確定してから、ということで。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/1147-fcbc2c6a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。