スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yb

.03 2016 未分類 comment(0) trackback(0)
 世界を色付けるたくさんのモノ。
 この心を彩る鮮やかなモノ。
 生まれたから。
 生きているから。
 色付けられた世界がこの心を彩る。
 複雑な色に。複雑な色に。
 油彩ではなく水彩だから。
 より複雑になってしまう。
 それが、ヒトという存在の色。
 何色?
 尋ねても答えは返って来ない。
 誰も知らないから。
 真っ赤な人。真っ青な人。
 その二つなら、楽なのに。
 赤で統合しようとした世界は破綻を来たして、青で統合しようした世界はその瞳を濁らせた。
 青だけでも呆れるほど種数があるのに、たった一色、青と呼ばれる青に束ねてしまおうなんて。
 単一が好きな人にはこの世界は、生きにくい。


Ybって何なのか、自分でも分からない。

一色が良いときもあれば、二色以上が良いときもあって、でもきっと、何色であっても、それを押し付けようとしたり、強要したら、それはすごく、息苦しい世界になると思います。

それにしても、この作品を書いたときの俺は、一色だったんですね。

詩は、その時の自分がよく分かるから、好きです。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/1149-24b730f7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。