スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空っぽの花瓶

.11 2016 未分類 comment(0) trackback(0)
 手折ることさえ出来れば。
 幸せに、××ただろう。

 倒れた花瓶から、溢れた。
 澄んでいた。
 そこに流れたことさえ、いつか分からなくなってしまうほど。
「良い人」
「優しい人」
「自分を曝け出せる人」
 そう、俺はそんな人だね。
 都合が良くて、優しく引き下がってくれて、自分を出さない人。
 無償の愛なんて、信じられないから。
 嘘つきになったら、愛してもらえると信じていたから。
 摘まなければ、自分のものには出来ないのに。
 押し留めなければ、すぐになくなってしまうのに。
 愛でるばかり、水をやるばかり。
 ねえ、こんなにも美しく咲いたよ、って。
 摘み取られて行く未来を、繰り返し築いた。
 泪さえ、花の美しさのため。
 今日もまた、花瓶は空っぽで。
 今日もまた、笑顔は上辺だけ。
 ねえ、愛されてね。
 約束だよ。
 せめて、幸せになってね。

 花瓶は程なくして、割れてしまった。


何だか最近やる気のアップダウンが激しくてしんどいです。

(o´・ω・)おわり。

(o´・ω・)ダメですか。

(ृ ु*•͈ω•͈)ुいいですよね。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/1153-62a52e71
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。