スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明るいソラへ

.08 2012 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
今日の空は雪空だった。
ちらつく白い欠片。
肩にふわりと乗って、しばらくその形を留めて、満足したように消えていく。
まるで自分の進むべき道を知ってるように。
そんな空の向こうは、美しい快晴の空。
雲の上には、雨も、雪も無い。
澄み渡った、幸せの青い空。
ソラ、君もきっと、あの日はそんな顔をしていたよ。
もう一度、思い出して。
君が青かった日のことを。
雲の一つさえ君を覆わない、あの日のソラ。
たまには見せてよ。
ソラの笑顔、また見たいな。
ソラ、は彼女が俺を呼ぶ時の呼び名だった。
終始これが俺のことを呼ぶ時に言われて、いつまでもこの呼び方、かもね、なんて笑いあってた。
なんて、切ない系の話をするつもりはなくてw
今回の詩は、珍しく、自分へ向けた言葉。
ソラ、と呼ばれていた、明るい時代の俺を思い出せよ、そんな言葉を、今のしょげた自分に放り投げる。
戻ることは出来ない、けれど、よみがえらせて、今の自分の一部に復帰させることぐらいなら、出来るかもしれない。
そんな小さな願いと、声援を、贈ってみた。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/222-a65fdc6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。