この手を伸ばして

.06 2012 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
手を伸ばせば、届いたかもしれない。
あの日、俺はそのほんの少しの距離、手を伸ばさずにいた。
不思議なことに、いつも手を伸ばす側は俺で、向こうから来ることは稀だった。
だけど、それで良いんだと思った。
俺が大切にしたい人は、俺が見つければ良い。
俺が彼女からも手を差し出してくれる様に、ギリギリまで手を伸ばせば良い。
それを出来るのに、しなかったのがそれまでの俺だった。
あの日流した涙は今のためにあったんだ。
君の視界に映るように、君が視界の真ん中に入れてくれるほど近く、俺は頑張ろう。

今の俺は、最高に幸せだ。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/232-785eb4aa