星、きらり。

.09 2012 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
何度星を見ただろう。
幾度星を見るだろう。
少しずつ落ちていく視力は、後どれほどの数の星々を映してくれるだろうか。
夏の空に浮かぶ三角形は幼き頃の感動をまだ見せる。
綺麗だ。あどけない心で抱いた想いは今も変わらない。
星を見る時――無垢なる気持ちに戻れる。
君を愛せた自分に――
君と笑った時分に――
少しでありながら、戻れる気がして。
星、きらり。
輝くそれと共に、今一度。
スポンサーサイト



  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/337-834b1b7d