スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サラウンディング・ワールド・ブレイカーⅡ

.21 2013 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 右足を下ろす。
 ピシリ。軋む。世界はガラスみたいに脆いから。
 左足を下ろす。
 パリン。割れる。世界はガラスみたいに儚いから。
 どんなしがらみだって引きちぎって生きていく。
 歩く災悪なんてところさ。
 両腕を広げる。ほら、俺が一番。
 王様なんて居ないから。俺だって王になれちまうのさ。
 今からここは俺の王国。さあ、ひれ伏しな。
 人間様は尊いからな、世界ですら従える。
 傲慢じゃなきゃ人間じゃないだろ?
 ヒトは息をするように世界を壊す。
 一歩一歩が世界の破滅への足取り。
 右目は目尻を下げて、左目は目尻を上げる。
 右目で微笑んで、左目で泣いて。
 一体いつまで生きてられるのかさっぱりだから。
 俺は生きてやるさ。
 世界に押しつぶされたくなけりゃ、世界の後頭部を踏みつけな。
 グリグリと踏みにじってやれ。
 それが偽善だって分かってんだろ? じゃあなんで続けんだ、馬鹿みたいだろ。
 良いことばっか並べ立ててねえで、本心見せてみろよ。それともあれか? 飼いならされちまってとても無理だってか?
 何のための平等だよ。
 何のための自由だよ。
 明日があるから今日は節制して。
 未来があるから今日は我慢して。
 明日なんて本当にあるのか?
 未来なんて本当に来るのか?
 お偉いさんの語る明日にはお偉いさんは生きてねえんだぞ。
 壊す気概で生きてみろよ。
 サラウンディング・ワールド・ブレイカー。
 俺らにはそれがあるだろ。
 何のための表現の自由だ。
 こんなにも武器は溢れてる。
 サビに入ったら何だって出来る気がするだろ。何だってやってやれよ。
 俺は偽らねえぞ。絶対にな。
 その大真面目な口が〝善い〟こと吐いてる横で左胸掴んでんなら、〝いけない〟ことでもやってみろよ。
 そうすりゃ分かるさ。生きるってことの本質が。
 生き切った先が死なら、死に切れるだろ。
 いつでも死ねる。
 だって俺は、いつだって全力で生きてる。


叩かれるから。口を噤む。
俺はその生き方が嫌い。
殴られても、俺は口を開く。
殴られる痛みは知ってる。伝えられない痛みに比べたら、大したことないから。
権利って言葉は時に権利を奪って行きます。
誰かの自由は、誰かの不自由なんです。
現代は完璧じゃないんです。
だってそんな完璧がすぐに成し得るなら、とっくの昔に出来ていたはずでしょう?
ああ、今を生きていて良かったなぁ、そう思うこともあります。俺は現代人の生き方が好きです。
けれどどこかで現代が嫌だなぁ、と思うこともあるはずです。
前時代だろうと、文明が開けていなかろうと、良かったものはヒトの心を幸せにしてくれます。
良心の呵責、それに押し潰されずに動けたら、成し得ることはあります。
過去も、今も、未来も、それぞれの良さを持ってるんです。
昔は良かった、違う。
今が一番良い、違う。
未来は良くなってるはず、違う。
過去の良かったところを取り戻して、今の良さに満足せず、未来に向かって良さを生み出していく。
それが、生きてるってことだと思うんです。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/481-d896aec6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。