スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僅かに濡れた唇

.17 2013 .+*ショートノベル*+. comment(0) trackback(0)
 唇はしとやかに濡れていた。
 指の腹がすくう。
 この蜜が堕とすのだと密やかに笑う。
 最早求め得ぬ純情。
 知らなければ良かった。無垢な存在でいれば良かった。人生は後悔の連続、集積。
 この唇が乾いたことはない。そう、最初の一度から。
 暗闇のメロディ。まだ明けぬ夜の帳。
 理性を欠いた心に残るのは本能、ただそれだけ。
 黒が好きだったわけじゃない。むしろ嫌いだった。今はカラダ全部がその色に。夜が訪れる度、くろずむ心。
 着飾る必要はもう無いから。ある意味で、生きていれば良い。存在している。それだけが必要。死んではならない。生きていなければ、満たせない。
 睡眠は最低限。躰が動けば良い。それだけ。
 何が好きだっただろう。〝死〟が怖かった頃。
 さあ、何だったか。部屋を見渡す。そう、ピアノを弾くのが好きだった。今や誰も求めないその旋律。
 鍵盤に触れる。指先に力を込めると、沈み込んだ。か細い声がした。よく聞く声。それは誰の声。
 指だけは覚えていた。大好きだったメロディ。心に沁みゆく。動かしたくない心が動かされる。揺さぶられる。涙を誘う。必死に抑えようともがく。それでも、切れる。溢れる。
 唇を噛む。まだ濡れた唇を。
 どれだけ力を込めて叩いても、ピアノはそのままだった。
 割れた××。何だって良い。そこに入るのは。ガラスでも絵画でも心でも人生でも。
 壊したかった。幸せ者が笑いながら描くそんなイラストみたいに。本当に苦しければ壊せない。壊す力なんて、残ってるわけない。
 どうしてピアノは、人生みたいに喜びと悲しみを共に表せるんだろう。見て来たんだろうか。
 さらりとした指の流れで、ピアノは物語を奏でる。
 その音色に乗せて口ずさむのが楽しかった。音が混ざり合って。感情があった。少なくとも、二色。
生きてる、生きてるんだって、自覚出来た日々。
 今も生きてる。生きてるんだって、嘆く日々。
 指先が鍵盤に吸い付いて離れない。
 また呼び出されるまでの間、弾いていようと思った。
 無機質で不気味な電子音に、器だけが求められる報せを告げられるまで。
 奏で始めたのは、瞳に光が宿っていた頃の。
 ああ、なんて美しい。美しいんだろう。
 このまま死にゆきたい。それでも生きることには意味がある。じゃあ君はそうしたらいいよ。僕は君とは違うから。僕と同じになってから、そう口にして。
 ビデオを再生したみたいに、手は在りし日のそれ通りに続きを、続きをと唄い続ける。
 まだ、まだだ。どうか最後まで弾かせて。
 きっとその終わりは僕にとって何より意味を持つから。
 ああ、僕は、僕は――
 生きていた、んだね。
 かすかにあった生きることへの執着が音を立てて崩れ落ちる。
 この唇が二度と濡れないような世界へ。
 この曲の終わりが、僕をそこへといざなう。
 一つのフレーズも間違えることなく、僕は僅かに濡れた唇が乾いていくのを感じながら弾き続けた。
 この世にこんな幸せなことがあるなんて。知らなかった。
 最後の一音のために。最後の一音のために。
 他のどんな音だって、僕にはもう聞こえない。
 ただ最後の一音のために。
 逆さにした砂時計がたった一つの目的のためだけに息をするように、僕は指先を動かす。
 開いた口から吐息が漏れる。
 喉奥から最後の呼気を吐き出して。最後の一音を生み落として。身体を預けた。
 この世の幸せは、終わりにあった、そう気付いたから。


俺の書く作品は、特にこういった書き切るタイプのものは多く自身の感情に左右されます。
浸み出した想いが、自然と文章を築いていく。
今作は実験も兼ねた文章になっています。いつもならもっと続けた感じで文を並べて行きますが、見ての通りかなり断続的な文の連続になっていると分かるはずです。読みにくいかもしれません。でも、一つ練習でもあるので。

ちょっと、暗い気持ちも抱えています。
波があるならきっと、それは暗い方の時期に針が触れているんでしょう。
今はちょっと、辛い時期です。
でもそれがあるから、色んな味の作品が書ける。創作家にとっては辛さも力になります。

でもやっぱりちょっと、さみしい。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/537-6f4d85bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。