スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Rejection from - jail - break

.15 2014 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 不当にぶち込まれ
 逃げ去る時を探していた
 拷問のような日々
 それでも誰かの助けは望まなかった
 夢や希望に縋らなかった
 細やかな反抗はむしろ善なる方へ
 大概の悪ならとっくの昔に知ったからさ
 毒づく相手は今や安らかな夢
 ここじゃ安寧を見せる奴には裏がある
 結局ここも社会の縮図
 黒の度合いがより深いってだけ
 抗う自由は失わない、奪わせない
 従順は人をダメにする
 未来に生きようとするなら抗え
 無謀な抵抗じゃなく有望な反抗を
 スプーンで壁を掘る?
 冗談じゃない
 そこに何の意味があるって言うんだ

 だから時は来た
 看守は人間じゃない
 壊す
 モノでも扱うように
 そうだろう?
 そいつが人かどうかはお前次第
 人間オア非人間
 ここで下すは非人間の選択
 そうやって誰だって生きてる
 抗え、壊せ
 崩せ、戦え
 お前を欺く平和に呑まれるな
 家畜の扱いより惨たらしい地獄
 本物のそれよりおぞましい牢獄
 そいつがお前の先に待っている
 お前の隣で笑うそれはお前のためか?
 お前の友はお前の友か?
 疑え、疑え、疑え
 そいつがお前の友かどうか
 違うなら壊せ、今すぐに
 そいつはお前を牢獄にぶち込むぞ
 そいつはお前を地獄に堕とすぞ

 走る
 今も貶め続ける
 あいつの首をへし折りに
 許せと叫ぶだろう
 許すはずもない
 地獄を見せに
 帰って来たのだから
 牢獄からの拒絶
 お前なんかに屈しない
 お前が妨げになるなら
 容赦無く踏み越える、踏み砕く
 その先に俺は行く

"It's a rejection from - jail - break"


模索する中での習作の一つです。
まだ確かな形での自分なりの方法は見つけていません。
難しい。
自分なりに、満足の行くものをまた一つ手に入れるには、どれくらいかかるだろう。
けれど少し、見えて来たかもしれない。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/731-ddde862f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。