スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

An Answer

.23 2015 .+*ショートノベル*+. comment(2) trackback(0)
 恋人が欲しいだとか、一人でいたくないだとか、思うことはよくあった。
 幸せになることの意味を履き違えて、それこそが幸せなんだと考えて、恋にもならない恋を繰り返した。
 人は真剣にならないと幸せになれないのに、真剣にならなくても不幸せにはなれて、自分が犯した過ちの数だけ、さらに幸せから遠ざかる。
 初恋をした時、自分はどう思った?
 俺は容姿から入った。結局好きになる基準は、俺にとっては顔だ。髪だ。カラダだ。服だ。心は二の次、三の次。
 純粋に惹かれた。男だから。
 この女と結ばれて、子孫を残して。
 本能的。俺は人間的じゃない。
 そんな俺も、人並みに心を持ったから、恋の終わりに自覚する。
 半ば、強引に。理論づけるために。
 本当に恋をするべき相手は、心の清らかな人だ、って。
 やさしい言葉の持ち主。あたたかな心の持ち主。慰められる度、俺は恋をした。恋をした気になっていた。だがそうして手にしたいと思ったのは、やさしさとぬくもりだけ。
 だってそうだ。辛くない時、苦しくない時、そんな人は要らない。
 だから裏切る。あなたの隣は歩けない。
 結局俺は、好きになれない。
 心は。容姿の次に来るものだから。
 何度誤っても、俺が好きになれるのは、美しい人だけ。
 そこに心を求めようとする時、けれどまた俺は壊れる。
 だってその綺麗な器は、そんなにも綺麗なのに、灰皿としての役目を果たして来たんだろ?
 一体どれほどのタバコが、そこに捨て置かれたんだろう。
 そんな器を脇に置こうなんて、どうかしてる。
 してるのに。
 道端に咲く花に、俺は恋が出来ない。
 じゃあ結局俺は誰を好きになれるのか。
 それはもう分かっている。
 悲しいほど、ゲスい。
 俺って本当、醜い。
 心なんて無ければ、良いのに。


横槍メンゴ先生の『クズの本懐』を4巻まで読みました。

こんな作品がとりあえず出来ました。

俺は本を読みません。文学は苦手です。昔は好きだったけど、今は苦手です。それは多分、成功者を見たくないから。同じことを志した成功者を見てると辛い。そんな嫉妬と醜い心。

漫画家にはなろうと思わないから、成功とか失敗とか、ちょっと違って見える。
だから漫画は参考になるんです。
文士になりたい多くの人とは、そこが違うところ。
でもいつか勝ち誇って、名作さえ読まなくとも優れた作家になれるって、本を読め読め言ってた人たちに伝えたい。

俺って酷く、負け組体質。
スポンサーサイト

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.01.23 20:39
碧海愛
あいつは、何だろうね。一言で言い表す言葉が思いつかないな。恋人じゃないし、友達、って言うとよそよそしいし、なんていうか、傍にいつもいるやつ、みたいな不思議な感覚。出逢った時からずっと一緒で、これからもずっと一緒にいるよ。そういうやつ。

今月末には退院出来るんだね。良かった。俺は幼い頃病弱だったし、今も体調崩したりはしないんだけど、健康とはあまり親しくないからね、その辛さは少しは分かってあげられるかも。だからゆっくりしっかり治して。

そうだね、インフルエンザは怖いよ。去年は二種類にかかってね、ボロボロだったよ、この時期。今年はマスクずっとしてるおかげで、今のところその兆しは無さそう。
2015.01.24 18:50

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/913-a5812b6e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。