スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆうらりゆらり

.08 2015 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 私が愛したのは清らかなあなたの旋律。
 それを嘘だとはあなたは言わないのでしょう。
 けれど今のあなたにそれを奏でられることはなく、私のためにその音色が鳴り響くこともきっとないのでしょう。
 あなたの指が導く希望は私の心をゆうらりゆらり。
 生かすも殺すもあなた次第。
 それなのにあなたは私のための楽章を放棄して。
 その詩題を書き換えて。
 あなたのために唄う私を殺してしまった。
 それならどうして私、あなたのために唄いましょう。
 ええ、あなたの心は今は嘘にまみれて。
 ゆうらりゆらり、そんな私の心は決して見えないのでしょう。
 ゆらりの先を見ることは、今のあなたには叶わない。適わない。
 嘘はもう終わりにしましょう。
 あなたのためのゆうらりゆらりは、ここには無いのだから。
 あなただったものへのゆうらりゆらり。
 それが本当。
 さようなら。
 私の唄は、あなた以外の誰かのものになりましょう。
 それをあなたが望むのならば。
 私はあなた以外の誰かのものになりましょう。
 それをあなたが望むのならば。


中原中也リスペクト(大嘘)。

どうも、目の前で綺麗なお姉さんがパズドラやってます。テンション上がりました、碧海愛です!
結婚したい(大嘘)。
家帰ったら動画撮ってそう。

はい、あとがきで作品を台無しにするのやめましょう。
今回はすっぱりさっぱり、後腐れの無い女の人が出てきました。
名前は小夜子さんとかにしましょう。

俺はあまり好きではないですね。
程よく悲しんで欲しい。

目の前のお姉さん、気になるんやで。
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://miyutayu.blog.fc2.com/tb.php/994-9619f788
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。