スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Re: in the rain

.11 2016 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 やっと分かった。
 君が言おうとしていたこと。
 君をなくしてから、幾日、幾月、幾年。
 一緒に写っていた写真は、一枚も部屋に残っていない。
 連絡先にも、君の名前は無い。
 君の何もかもを否定して、君からの何もかもを締め出して、君を信じることをやめて、君に背を向けて、生きて来た。
 そうすることで、俺は、俺の望む未来を手に入れた。
 確かに、俺の考えと君の考えは交わることが無くて、これまで歩んで来た中で、自分の選択を悔いたことは無かった。
 最後まで、君を嫌いなままで生きて行けると思った。
 君と対照的な、俺が心から大切に想える人が出来て、夢を叶えることも出来た暁に。
 君は亡霊のように、俺の前に現れた。
 君を大切に出来なかった訳を、反芻させられるように。
 君にしなければならなかったことを、強いられる瞬間が訪れた。
 やっと分かった。
 君が言おうとしていたこと。
 それは、君にしなければならないことであり、君にしなければならないことではなかった。
 君にもしなければならないことで、君にはしなかったことだった。
 雨の中、俺は顔を上げた。
 最後に君を見た時、君はこうしていた。
 君は俺に、何も言わなかった。ひとしきり雨に濡れた後、俺の方を向いて、にっこりと笑った。
 いずれ、知ることになる、そんな風に言いたげに。
 雨の温度が、ようやく分かるようになった。
 悲しみの色が、ようやく分かるようになった。
 もう、これまでの世界は、俺には見えない。
 もう、これまでの感覚は、俺には持てない。
 ああ、俺は、これから、君の方を向いて生きる。
 君という人が教えてくれた道を、歩いて行く。


後悔した恋っていうのが、誰にだってあると思うんです。

あの時、ああすれば、そんな風に思う恋。でも、当時の自分には、そうすることしか出来なかったと、結論的には思うことが、今を苦しまずに生きる最良の術だと思うんですが、まあ、それはさておいて、恋愛の上での破局は、価値観にせよ、好き嫌いにせよ、同じ方をもう向いてられない、っていう決裂が原因ですよね。

好きだった分だけ、嫌いになるっていう感じだと思うんですけど、やっぱり、自分という人間が完全に入れ替わったりしない限り、その人を好きだったという気持ちは生涯なくならないわけで、いつかどこかで、その恋にありがとう、って言える日は来ると思うんです。

全ての恋が、自分を導いて行く。
一人だけを愛する、っていうのが普通の恋愛観ですが、心の中では、一緒に歩いて行ったら良いと思います。

愛してくれて、ありがとう。

記憶の中の好きな人に、そう言えたら良いですね。

ちょっとトクベツなキミにオメデトウ

.07 2016 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 トクベツ、って、私は思ってた。
 雑誌にも載ってないし、テレビにも出てない。
 人気だって別に無いし、名前すら、覚えてないクラスメイトはきっといっぱいいる。
 でも、私には、トクベツだった。
 トクベツだったよ。

 他の誰にも、分からない、ずっとそう思ってたよ。
 キミの魅力が分かるのは、私だけ。
 そんな風に、独り占めしてたんだ。
 心の中で、キミの彼女になったつもり。
 そんな時間が長すぎたんだね、きっと。
 長すぎたから、それでも心地良い、みたいに思っちゃった。
 誰かが好きになる人は、他の誰かが好きになってもおかしくないよね。
 なんでそんな簡単なことに、気付けなかったんだろう。
 キミの魅力は、私の思ってる以上だった、って。

 一緒に帰ることになって、期待して、良い雰囲気になって、期待して。
 キミが重たい口を開こうとした瞬間、私が息を呑んだこと、気付かれなかったかな。心が踊りそうになったこと、バレなかったかな。
 その後すぐに訪れた締め付けられるような気持ち、気取られないように努めたけど、それだって分からなかったみたいだから、大丈夫だよね。
 なんで、なんでそんなに鈍感なのに、あの子の気持ちには気付けたの。
 思わず泣きそうになったよ。
 でも、キミの照れくさそうに笑う顔が、私の一番好きな顔だったから。
 そうさせるあの子が、相応しいんだろうな、って、告白もしない内に、負けを認めるしかなかった。

 ねえ、せめて褒めてくれないかな。
 頑張ったよね、私。
 震えを隠して、ちゃんと言えたでしょ。
「オメデトウ」って。
 だから、褒めて。
 褒めてよ。
 私、キミにどんな哀しそうな顔だって、させなかったよ。

 させられるはずも、なかったんだけどね。
 だってキミは、私にとって。
 ちょっとトクベツな人だったもん。


昔、告白するかしないか迷った人がいて、でも、ある時、泣いてる場面を見たんです。
一番仲良い友達に慰められてるその子を見て、ああ、俺は告白だってしない方が良いな、って、彼女をフった相手のことを考えながら、思いました。
自分がどう思われてるか以前に、相手に想い人がいるかどうか、それですよね。
どれだけ近くにいたとしても、恋人になれるかどうかは分からない。
それでも、好きになった相手がいたら、どうか最後まで、頑張って欲しいなって思います。

その先に、どんな未来が待っているとしても、告白しなきゃ、告白されない限り、付き合えないですし。


↓ここから日記です!

昨日は、友達に渡す誕生日プレゼントを買いに、別の友達と河原町に行って来ました。



で、まずloft行ったんですけど、結構プレゼント選びに苦労する相手なので、決められずに、1階にあったゴディバで飲み物(なの?)飲みました(笑´∀`)

名前が覚えられない、俺はそーゆーの疎いんで。キャラメル、なんとかかんとかです。

奥にあるのは友達が頼んだ、ストロベリーなんとかかんとかです!←紹介する気あんのか。

で、それからラウンドワン行きました。

そ、し、た、ら!

ラスカルの大きいのがいたんですよ!!!

でも、前にそこのラウンドワンで苦戦して取れなかったので、やめようと思ってて、でも一回くらい、って思ってやったら、店員のおにーさんがみょーにアドバイスとかしてくれるんですよ、これが。

すごく優しくしてもらって、サービスもしてもらって、それで、なんと、取れました!!



取れたラスカルをカバンに入れたのがこちら。

新京極通りにあるポムの樹っていう創作オムライスのお店で遅い昼食を取って(SS~Lサイズで選べたんですけど、Mを選んだらすごく大きかったです。普通はSサイズな気がしました)、ハンズとかも見てみたんですけどなくて、仕方なくloftに戻りました。

友達が見てたらサプライズにならないので内容は書きませんが、今度は決めれた(一回目で決めとけよ)ので良かったです。

彼女にあげるプレゼントの方が絶対悩まない。

で、家に帰って(ここからが本題←)、ついに大きなラスカルがおうちに来ました!



見てください、この愛おしさ
たまんないですよね!
招き猫っぽい感じなので、猫の着ぐるみを着てますが、今度は普通のラスカルも狙えたらな、なんて思います!

_(:3」 ∠)_ラスカルのぬいぐるみ、誰かください←

繰り返しのギロチンカット

.06 2016 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 そう、また、首を差し出す。
 刃が落ちるのを待ちながら。
 そんな夢を見るのは、これで何度目だろう。
 それで逝った人より、私はその感触を知っている。
 誤った。
 生まれたことも、生きていることも、愛したことも。
 誤った数だけ、私は首を差し出さなければならない。
 望んだ幸せに見合うだけの不幸せが、誤った道の先には待っている。
 幸せになろうとすることは、間違ってはいない。けれど、幸せのなり方には、正しいそれと、間違ったそれがある。
 そして、正しいそれを選べる人は、この世にはほとんどいない。
 みんな悲しみに染まって行く。
 いつだってそう。
 私も、貴方も、幸せにはなれない。
 幸せには、なれない。

 だって私たちは、間違ったんだもの。

 誤った人には、罰が与えられる。
 そう、私みたいに。
 私みたいに。
 また間違ったみたい。
 いっそ次で、終わりに出来たら良いのに。

 また、首を差し出す。


ギロチンは、ギヨティーヌという医者の提案を元に、フランス革命の折に、ルイ16世やマリー・アントワネットなどを処刑するのに使われたのが始まりで、以後、フランスでは1981年と、つい30年ほど前まで使用されていました。

死刑の執行には、例えそれが極悪人に行われるのだとしても、苦しみを与えない一瞬での処理が求められたと言います。故にギロチンは、効率の良さとその性能で、一役買いました。

と、ギロチンについて少し書きましたが、別に俺は斬首の夢を見たことはありません。
ただ、明るくない気持ちの時は、生より死を思いたくなるので、自然と心がそういった方へ向きます。
それだけです。

就寝前の気持ちはこういうのが多いです。

此の世界から小さな何かが崩れ去る時

.05 2016 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 それは、何だったんだろう。
 それは、何だったんだろう、本当に。


 同じように、週明けはいつもみたいな顔をしてやって来て、俺の頬をさらりと撫でた。
 それが、ぞわりとさせた。
 あいつは、別に必要以上に仲が良かったわけじゃないし、でも、どこか、特別じゃない誰かだとも、思えなかった。
 きっと、此の世界じゃない、何処か別の世界では、そんな関係だったのかもしれない。そんな風に思えるくらい、不思議と遠い存在だとは、思えなかった。
 そんなあいつが、自分の境遇に不満を抱いていて、何時かそんな殻を破って外に出ようとしているのは知っていた。
 時々、そう、時々、あいつの愚痴を聞いたりしながら、宥めたりしながら、そんな風に不満を漏らすのが、あいつだと思っていた。
 それが、あいつだったんだ。
 俺の中のあいつは、ずっとそんな風なあいつで、俺はきっと、そんなあいつが好きだった。
 そう、好きだった。

 同じような、不自然なくらい穏やかな顔をした週明け。
 別人みたく、不自然なくらい楽しげな顔をしたあいつ。

 それまでしなかった、誰にだって見せなかった顔。
 それを形容しようとすると、俺の口からは、汚い言葉しか出て来なかった。
 違う顔だった。
 あいつが語る内容。
 俺の知らない話だった。
 俺の知らないあいつだった。
 遠い所に行ってしまった。
 遠い、遠い何処かに。
 其処は、俺では踏み入れない場所で、其処に行ってしまったあいつは、俺の知るあいつとは、無縁の存在。
 そして勿論、俺の居る此処に、あいつはいない。
 あいつは、いない。もう。此処には。

 同じように、ふわりと舞い降りた週明けを、俺は憂鬱な気持ちで始めるしかなかった。

 それは、何だったんだろう。
 これは、何なんだろう。

 あいつはいったい、俺にとって、何だったんだろう。


友達に彼氏が出来た、みたいです。

いくつ下だったかな、一個か二個か。
友達なんで、恋愛感情を抱いたことは別にないんですけど、長い間、彼氏がいない彼氏がいないって言い続けてて、俺はその子のことを、ずっと、失礼だけど、そういう子だと思ってて、それが俺の、その子のイメージだったんです。

まあ、例えるなら、本が大好きでずっと読んでたような感じなのに、ある日突然、カラオケ行こーぜ的な感じになってた、みたいなものです。

いや、多分、例えなくても詩を読めば通じたか。

俺はきっと、友達を、続けられない。
そんな気がする。
別に、そんな友達友達言えるほど近いところにもいないんで、接する機会がほぼゼロになるくらいなんでしょうけど。

多分この気持ちを、人は、寂しさ、って言うんだろうな。

その子には、おめでとう、って言ってあげるべきなんでしょうけど。

なんか、言えないよ。

ラブラブディクリーズ

.03 2016 .+*詩*+. comment(0) trackback(0)
 減る減る、愛せば愛すほど。
 燃えるような恋は、燃え尽きてしまうよ。
 心も有限だって、突きつけられてるみたいだ。
 それでも、自分を騙すんだ。

「想いが湧き上がってくる」って。

 重ねた手のひらも、合わせた手の裏も、振り合った両の手。
 指先はいつか、違う向き。
 知らない明日へ、明日へ、歩んで行く。

「物語は終わるんだ」って。

 変わらずにいられない。それは、誰だって。
 目の前の〝君〟に恋をしたら、目の前の君に恋は出来ない。
 だって君は、違う人。
 好きには、なれない。
 なれない。

 ラブラブディクリーズ。
 それでも隣にいるよ。
 君かもしれなくて、キミかもしれなくて、きみかもしれない、大切な人の隣に。
 それでも〝君〟が好きだから。


ドラえもんの道具みたい。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。